「湯たんぽ」で不眠・冷え性の改善!

寒い時期、毎日愛用したいのが「湯たんぽ」です。
特に手足の冷えがひどいと感じている人、冷え性の自覚がある方は、是非とも試して欲しいアイテムです。

湯たんぽのおかげで眠れた!という声

湯たんぽの魅力

湯たんぽは足元だけでなく、お布団全体を温めてくれて、さらに電気代もかからないのでエコという優れもの。
朝起きたときにもまだ温かいという保温効果の高さもあるのです。

使い方はカンタン

準備は寝る30分ほど前、50度ほどのお湯を湯たんぽに入れ、タオルなどをクルクルと巻き付けます。

その湯たんぽを布団の真ん中あたりに入れておくと、自然と布団全体が温まります。

自分自身が布団に入ったら、湯たんぽは足元に移動しましょう。

先ほどまで真ん中に湯たんぽを仕込んでいたので、布団に入ったときは腰のあたりが暖かく感じる状態です。

最近はレンジで温めるだけのタイプなど、簡単に使える湯たんぽも増えてきています。

是非、寒い夜に試してみてくださいね。

(SUU編集部)

人気ランキング!

関連キーワード

あなたへのおすすめ