【4/13の快眠速報】いびきってどのくらいの大きさ?対策方法も紹介!

今日の快眠注目ランキングTOP10

SNSやインターネット上の検索データを独自に総合集計した、今日の話題の快眠注目ランキングはこちら!

※デイリー約10,000件の投稿をベースに、フォロワー数、閲覧数、関連ワード検索数を総合換算して算出。
Ranking 快眠方法 注目view数
1位 マッサージ 2,525
2位 入浴 2,161
3位 2,148
4位 アロマ 958
5位 ストレッチ 942
6位 湯たんぽ 764
7位 ヨガ 753
8位 毛布 746
9位 耳栓 502
9位 瞑想 502

結果、今日の注目の第1位はマッサージでした!

前回の記事では「耳栓」について取り上げましたが、今回は、先週の不眠原因になっていた「いびき」ついてご紹介します!

▼不眠の原因リサーチ(4/4~4/10集計)

 

いびきが原因で眠れない方の声

パートナーや友人のいびきがうるさくて眠れないという声が多い印象です!
毎日のことですから気になるとモヤモヤがずっと続いていくようですね。

▼手軽な対策としては「耳栓がオススメ」

逆にいびきをかいている側はどう思っているのか覗いてみましょう。

いびきをかいてしまう側の声

いびきをかいてしまう側の声としては「改善したいという思いはある」「気づかなかった」というような声が多いようです。

いびきってどのくらいの大きさなの?

いびきが原因で眠れないという声が多くあるのはわかりましたが、実際にいびきはどのくらいの大きさなのでしょうか?

出典:http://www.health.ihe.tohoku.ac.jp/wp-content/uploads/2015/03/shiori-30.pdf

 

いびきの大きさ自体は個人差がありますが、おおよそ平均1,000ヘルツで80デシベルほどの音と同程度といわれています。赤ん坊の鳴き声よりは大きく,犬の吠え声とおなじぐらいです。
したがって,耳元で犬が吠えているのと同じような状態だと考えられます。

たしかにこの状態では快適に眠ることは難しいかもしれません。

いびきの原因って?

いびきをする人としない人そこには何か違いがあるはずです。実際にいびきの原因を調べてみました。

いびきをかく人には以下のような特徴があります。 当てはまる箇所がないかチェックしてみましょう。

【肥満の原因】
・肥満気味である
・口呼吸の習慣がある
・仰向けで寝ている
・鼻炎の症状がある
・疲れている、ストレスが溜まっている
・寝る直前までお酒を飲む
・睡眠薬、精神安定剤を服用している

いびき一つとってもこれだけの原因があるものなのです。
それぞれ解消法が異なるため、合った解消法を実践する必要がありますね。

いびき対策5選

①ダイエットをする(痩せる)
喉や口の中に脂肪がつくと上気道が狭くなるためいびきが出やすくなります、ダイエットが必要です。
ただし、無理のあるダイエットはかえって疲労やストレスを増し、いびきをかきやすくなることもありますので、無理は禁物です。

②眠る直前の飲酒を控える
アルコールで喉や口の中の筋肉がゆるむため、上気道が狭くなっていびきにつながります。
眠る前にはお酒をなるべく控えるようにしましょう。

③鼻呼吸を行う
寝ている間だけではなく、普段から鼻呼吸を行うように心がけて生活し、身体に癖付けしましょう。

④枕を変える
高すぎたり、低すぎたりしても睡眠時に首が曲がってしまい上気道が狭まってしまいます。適切な高さの枕に変えましょう。

⑤横向きで寝る習慣をつける
仰向けで眠ると、舌が喉奥に沈むため、上気道が狭まります。横向きに眠ることで気道を確保することができます。
抱き枕を使うこともおすすめです。

▼抱き枕についてはこちらの記事で紹介しています。

パートナーやご友人にそれとなくススメてみてください。

(SUU編集部)

人気ランキング!

関連キーワード

あなたへのおすすめ