眠れないを解決する海外の睡眠インフルエンサー10選

睡眠の大切さについて知りたいと思ったときにどの情報を信用していいのかわからなくなりますよね。

健康とウェルネスにとって睡眠は最も重要な要素の一つです。世界には、睡眠の重要性を人々に伝え、睡眠の質を向上させるために活動をしている人たちがたくさんいます。
良質な睡眠について世界に広めている医師や科学者から、ベッドタイムストーリーを完成させたポッドキャスターまで、ここでは睡眠に影響を与える人物10選をご紹介します。

海外の有名睡眠インフルエンサー10選

1. アリアナ・ハフィントン

良い睡眠について世界に広めることを使命としている人がいるとすれば、それは起業家であり作家であるアリアナ・ハフィントンです。
Huffington Post(ハフポスト)の共同創設者であるアリアナ・ハフィントンは、仕事のし過ぎで睡眠不足に陥り、気を失ったことがきっかけで、睡眠というテーマに情熱を注ぐようになりました。このことが、彼女に必要な警鐘となりました。睡眠を最優先に考え、睡眠習慣を最適化し、『The Sleep Revolution』を執筆しました。

また、アリアナはThrive Global社を設立し、企業の従業員の健康に導くウェルネス分野での事業を展開しています。自身の経験から、睡眠の重要性を人々に伝えています。

2. ショーン・スティーブンソン

ショーン・スティーブンソンは、その著書『Sleep Smarter(邦題:SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術)』により、睡眠分野で大きな影響力を持っています。彼のコンテンツの特徴は睡眠だけでなく健康全般に焦点を当てている点です。自身のポッドキャスト「The Model Health Show」では、睡眠の改善について多くのことを語っています。

また、トム・ビリュー氏、ルイスハウズ氏、ジム・クイック氏などの人気ポッドキャストに出演した際には、何百万回もの再生回数を記録しており、睡眠の分野での彼の影響力は非常に大きいものであることが分かります。

彼は睡眠について多くのことを教えてくれるだけでなく、その落ち着いた口調で視聴者をリラックスさせてくれます。

・イチオシ動画「食事よりも睡眠が大切な理由」

3. マイケル・ブレウス(ザ・スリープ・ドクター)

マイケル・ブレウス博士は「スリープ・ドクター」として知られています。

彼は臨床心理学者であるだけでなく、米国睡眠医学アカデミーの特別研究員であり、米国睡眠医学委員会の外交官でもあります。
ブログやポッドキャスト「Sleep Success」では、不眠症や夢、さらには大麻の使用など、睡眠にまつわるトピックについての洞察を見ることができます。

また、彼は現在、Mindvalleyというプラットフォームで睡眠の専門家として活躍しており、「The Mastery Of Sleep」というコースを作成しています。The Mastery Of Sleep」というコースを作っています。

彼の著書『最良の効果を得るタイミング 4つの睡眠タイプから最高の自分になれる瞬間を知る 』では朝型・夜型だけでなく「不眠症タイプ」などの新しい睡眠タイプを紹介しています。この本を読めば、あなたが「いつ」起きて「いつ」寝ればいいのか。シャワーは「いつ」が最も効果的か。コーヒーを飲むタイミング。家族と会話するタイミング。仕事上のプレゼンや営業に最適なタイミング。交渉事や創造性を発揮するのに最適なタイミングなど、タイプごとに具体的で実践的なアドバイスを知ることができます。

4. キム・ウェスト(ザ・スリープ・レディ)

優しく上質な眠りと子育てのソリューションを探しているなら、キム・ウェストがその答えを持っています。The Sleep Ladyは、赤ちゃん、幼児、子供に健康的な睡眠習慣を身につけさせる方法を、生涯にわたって教えることができます。

親が子供に何かを教えられる時間は限られています。その限られた時間の中で睡眠習慣はできるだけ早く身につけさせたいものです。

そういう教えは手探りでやるべきではありません。キム・ウェストは、あなたのために情報の精査を行い、必要な実用的なアドバイスをしてくれるでしょう。

5. マシュー・ウォーカー(The Sleep Diplomat)

マシュー・ウォーカーは、間違いなく睡眠の分野で最も有名な人物の一人です。科学者であり、作家であり、睡眠研究者であり、カリフォルニア大学バークレー校の神経科学と心理学の教授でもあります。

彼の著書『睡眠こそ最強の解決策である』は世界的な成功を収めており、質の高い睡眠の重要性と、睡眠の最適化を優先すべき理由を記しています。世界的なベストセラーにもなっているため、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

彼は、「The Joe Rogan Experience」、「London Real by Brian Rose」、「the Drive with Dr Peter Attia」などのトップポッドキャストでも紹介されています。いくつかのポッドキャストを聴き、彼の本を読んだり、オーディオブックを聴いたりすると、あなたは睡眠の専門家になれるでしょう。

6. Drew Ackerman (Sleep With Me Podcast)

Drew Ackermanは、自身のポッドキャスト「Sleep With Me」で世界中の人々の睡眠を改善しています。このポッドキャストの目的は、人々が眠りにつくのを助けることです。リラックスして寝る準備をしたい人のために、ベッドタイムストーリーを紹介しています。

寝る前に聴けるベッドタイム・ストーリーは何百種類もあり、その中から選ぶことができます。お話は、興味をそそられて眠れなくなっても心配ありません。これで、ぐっと眠りにつきやすくなるはずです。

7. リンジー・ヘニガー

もしあなたが疲れていて、自暴自棄になっている親なら、「The Sleep Ranch」を訪れてみるのもいいかもしれません。リンジーは小児科のスリープコーチで、家族が十分な睡眠をとれるようにサポートしています。赤ちゃんや幼児が眠っていないと、親も眠れないという問題を解決してくれるかもしれません。

自分の子供を夜通し寝かせるのに苦労したリンジーは、コンサルタントを雇って、乳幼児に合わせた質の高い睡眠を得るための方法を学んだ後、彼女は認定小児スリープコンサルタントとなり、それ以来、疲れて絶望している多くの親たちの睡眠問題を解決する手助けをしてきました。

8. オーブリー・デベア博士

睡眠不足の最も一般的な原因の1つが乳幼児を持つ親であることが挙げられます。

オーブリー博士は、「ベビースリープドクター」として知られていて、彼女は赤ちゃんが質の高い睡眠をとるための方法を親御さんに伝えることに、人生をキャリアを捧げています。

9. クレイグ・カナパリ

クレイグ・カナパリは、父親であり、小児科医であり、子供と親が夜よく眠れるようにサポートを推し進めている人です。
親が子供の人生において重要な部分をナビゲートするために、「It's Never Too Late To Sleep」という本を出版しています。

また、10代の若者の睡眠を改善する方法、睡眠障害、メラトニンの補給、光が睡眠の質に与える影響など、睡眠に関するトピックについても解説をしています。

10. スティーブン・Y・パーク医学博士

スティーブン・Y・パーク博士は、外科医であると同時に作家でもあり、「適切な呼吸」と「睡眠」に焦点を当てた情報を発信しています。彼が書いた本には次のようなものがあります。

『Sleep, Interrupted: Sleep, Interrupted: A physician reveals the No.1 reason of being sick and tired of people』

この本では、体調不良の原因が何であるかを簡単に説明しています。また、特定の健康問題を治療するためのガイドラインも示されています。本を読むのが苦手な方は、ポッドキャストで聴くこともできます。Breathe Better, Live Better, Sleep Better.

睡眠の質を改善して、毎日を最高の気分で過ごすために、睡眠に影響を与える10人の人物をチェックすることをお勧めします!

人気ランキング!

あなたへのおすすめ