【4/16の快眠速報】頭を冷やすと安眠できる?「氷まくらのススメ」

今日の快眠注目ランキングTOP10

SNSやインターネット上の検索データを独自に総合集計した、今日の話題の快眠注目ランキングはこちら!

※デイリー約10,000件の投稿をベースに、フォロワー数、閲覧数、関連ワード検索数を総合換算して算出。
Ranking 快眠方法 注目view数
1位 3,617
2位 入浴 2,063
3位 ASMR 1,957
4位 ストレッチ 1,409
5位 アロマ 952
6位 毛布 563
7位 ヨガ 464
8位 瞑想 396
9位 マットレス 327
10位 マッサージ 251

結果、今日の注目の第1位はでした!

以前はタオル枕を使った快眠術を紹介しましたが今回は「氷まくらのススメ」です。

▼タオル枕について紹介した記事はこちら

 

氷まくらで快眠できた人の声

なんで氷まくらで眠れるようになるの?

氷まくらで眠れたとの声が多かったですが、なぜ氷枕で眠れるようになるんでしょうか。

カギを握っているのは「脳の温度」です。

ベッドや布団に入って眠れないとき、こんな状況ではありませんか?

・グルグルといろいろなことを考えてしまい、眠れない

・次の日に自分が楽しみにしているイベントがあってワクワクして眠れない

この二つの状態に共通している点は、脳が高揚している状態にあるということです。

パソコンやスマホも持続的に複数の作業をしていると熱くなることがありますよね?それと同じようなことが脳内でも起きているのです。

そこで氷まくらを使って頭を冷やしてあげることで脳の温度が下がり、自然とパフォーマンスが落ちていきます。

そのため脳の働きが鈍くなるので眠りに落ちやすくなるのです。

オススメの氷まくらの使い方

実践方法はとても簡単です。すぐにでも実践できます。

使い方

①氷まくらor凍ってもやわらかい保冷剤を用意する

②タオルで巻いて、枕の上に置いてそのまま仰向けで眠る

ポイント

・頭を冷やす位置は「耳の上側」にしよう

→耳から下側を冷やすと首も一緒に冷えることになります。そうすると生命維持の役割である呼吸器官も冷えるため、生命の危機と身体が誤認して、覚醒を促すことがあるためです。

・タオルを水で少し濡らす

→氷まくらのひんやりとした感覚をより伝えやすくなります。霧吹きなどでやるといいですね。

 

氷まくらがないという方

・タオルを冷水に浸して使用する

・冷えピタなどの熱さまシートを使用する

頭を冷やすことができれば問題ないので、こうしたもので代用することができます。

今夜眠れないという方はぜひ試してみてください。
(SUU編集部)

人気ランキング!

関連キーワード

あなたへのおすすめ