【3/30の快眠速報】アイマスクで眠れるのはなぜ?睡眠とアイマスクの関係

今日の快眠注目ランキングTOP10

SNSやインターネット上の検索データを独自に総合集計した、今日の話題の快眠注目ランキングはこちら!

※デイリー約10,000件の投稿をベースに、フォロワー数、閲覧数、関連ワード検索数を総合換算して算出。
Ranking 快眠方法 注目view数
1位 アイマスク 1,289
2位 入浴 1,163
3位 アロマ 1,161
4位 ヨガ 1,077
5位 ストレッチ 1,076
6位 毛布 1,060
7位 マットレス 1,051
8位 マッサージ 1,031
9位 耳栓 677
10位 湿布 455

結果、今日の注目の第1位は「アイマスク」でした!

アイマスクでよく眠れたという声

アイマスクと睡眠の関係は?


睡眠は「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンが大きく関係していて、

メラトニンが増加すると眠くなり、減少すると目が覚めます。

メラトニンの分泌量は目から入る光の量が大きく影響しているため、人は夜になると眠くなります。

そのため、目を覆うことができるアイマスクを着用すると自然と身体が眠る体勢に移行するのです。

アイマスクの効果

①睡眠の質の向上
目から入る光を遮断することで、メラトニンを分泌しやすい環境を作ることができるので、より深く熟睡できます。
ストレスホルモンが減少することも分かっていますのでよりリラックスした状態で眠りにつくことができます。

②睡眠習慣ができる
寝る直前までスマホをいじることが習慣になっている人も多いと思います。
スマホから発せられているブルーライトもメラトニンの分泌を妨げるため、眠ろうとしてもなかなか寝付けないということが起こります。
そこでアイマスクをすることで光を物理的に遮断できるので、眠りの手助けになります。

つづけていく内にアイマスクをしてベッドに入ることで眠くなるようになってきます。

③太りにくくなる
慢性的な睡眠不足はホルモンの分泌や自律神経機能にも大きな影響を及ぼすことが知られています。
とくに睡眠不足は食欲を抑えるホルモンが減少し、食欲を高めるホルモンが増加するため食欲が増大することが分かっています。
夜更かしの日が続いてしまうと、ついつい食べてしまうのはこのためです。
睡眠不足が解決すれば本来なら摂取しなくてもいいカロリーを抑えることができます。

アイマスクが手元にない!そんな時は・・・

アイマスクがいいのは分かったけど手元にないということがあると思います。
そんなときに代用できるアイテムを紹介します!

①タオル

②布マスク

③ネックウォーマー

④ハンカチ

⑤手ぬぐい

アイマスクを代用するための条件として

・遮光性があること
・目元にフィットしてズレにくい
この2つを満たしていることが大切みたいですね!
ぜひご自分の家でも代わりになりそうなものを探してみましょう!

(SUU編集部)

人気ランキング!

関連キーワード

あなたへのおすすめ